美馬森 八丸牧場(みまもり はちまるぼくじょう) ~美しい“森”にいる美しい“馬たち”の力を借りて、自己成長のお手伝いをさせていただく牧場を営んでいます。

法人設立の背景

起業の動機

馬名 リズ

 岩手県盛岡市で馬の牧場を15年間営んできた中で、将来「森」に隣接した場所に牧場を移転したい!という想いが徐々に増してきました。
 手入れの行き届いた明るい森に「馬」がいて、そこに人々がワイワイ集まってくる・・・この光景を想像したとき、心の底からワクワクしました。
 そこで私たちは、2010年頃から牧場の移転先について本格的に検討し始めました。

~「森」と隣接していて、でも、できれば「海」も近いといいな。そうすると、「馬」たちの活躍の場もグ~ンと拡大する!~
 
気が付くと「森」も「海」もと、欲張りな条件を掲げていました。

 そんな中、東日本大震災が起こりました。
 
 私たちは、沿岸部被災地の子ども支援活動を行うべく、任意団体「馬っすぐに 岩馬手 必ず 馬くいくから」を立ち上げました。

地図

 そして、その活動を通じて宮城県東松島市とご縁をいただきました。

 石巻湾の海岸線を東隣の石巻市と二分する東松島市は、海抜のない平地が広いため津波の被害が広範囲にわたり、1100人以上の方が命を落とし、市内の家屋のじつに76%が全壊または半壊しました。  
 市の西端にある野蒜・東名地区も甚大な被害を受けましたが、ここには裏山がありました。海岸から1㎞ほどの距離から東西1400m、南北800mほど、標高50~80mほどの低山が広がっています。
 
 東松島市は「環境未来都市構想」を掲げ、この森を整地して住宅地を作り、野蒜(のびる)・東名の人々を高台移転させるという計画がありました。
 私たちはこれまでに、馬たちの力を借りて「観光体験」以外に、「地域活性」や「子どものライフスキル向上」「メンタルヘルスからの回復」などの社会課題の解決も微力ながら担ってきました。
 
 そこで、東松島市の新たな“まちづくり”の構想に共感した私たちは、高台移転計画のある野蒜地区の森のなかに馬の牧場を設けて、人や馬が歩く散策道や広場を作り、多くの人が馬や森に癒され、またそれらの魅力におおいに触れることのできる「美馬森(みまもり)ヴィレッジ」を作り、引き続き社会課題の解決に望んでいくという計画を、東松島市へ提案しました。
 そして、2011年4月に発足した任意団体「馬っすぐに 岩馬手 必ず 馬くいくから」を、2013年3月に「一般社団法人 美馬森Japan」として法人化しました。

a:4021 t:1 y:1

 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional